修理事例ブログ、当社での修理事例・車の豆知識をご紹介します



カテゴリ
カレンダー
前月の記事一覧 2018年 12月 次月の記事一覧
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

新着投稿記事
月別アーカイブ
blog_arrow_left  前の記事 次の記事  blog_arrow_right
キューブ 右クォーター リヤバンパー 鈑金塗装 保険修理事
P1160946

 

今回は右クォーターの鈑金塗装とバンパー取替の修理事例になります

対物相手の修理事例ということもありまして、バンパーは取り替えることとなりました

 

P1160947

 

 

P1170001

 

クォーターパネルは半分程度の鈑金修理でしたので、今回はブロック塗装で仕上げてみました

 

P1170054

 

保険修理以外にはバンパーを変えるケースは少なくなってきたように思います

最近はパーツも値段が上がってきてるため、バンパーの新品部品の値段を算定し修理金額と比較してみないと分からなくなってきています。

中古品の使用も視野に入れて修理のほうがよいか、または中古品の交換でいくかの算定も必要になると思います

中古品の問い合わせ頻度が多くなると、需要が増すため、中古品の価格も値上がり傾向にあり、中古品なら必ず安いということでもなく、送料を含めると新品と変わらないなんてこともあり、よく対比して考えねばならないと思います

あと中古のデメリットとしては、なかには放射能汚染しているパーツもあるかもしれないということです。例えばこういう部品を仮に付けてしまったとしたら、ドアのように人と密着する距離にある部品は永遠に放射能を浴び続けることになるわけです

 

一般的に左後部座席にチャイルドシートを取り付けますが、左のリヤ部は事故を起こす確立は、右以上に高く、そういう場合に安いからといって中古品を使用してしまうと、もし仮に放射能汚染された部品を使用してしまうと、そのクルマが新車からまだ一年とかの経過しかたっていなかったとしたら、大事なお子様は、搭乗するたびに被爆されていくことになるわけであります。

中古パーツを扱う業者はこの辺りを十分注意し、お客様に説明しなくてはいけないところであります。

修理金額税込み 107.511円




◆この記事にコメントする

お名前
コメント
  • ※注意事項
  • 投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
  • コメントは認証後に表示されます。
  • コメントにURLは入力できません。
ページの先頭へ