修理事例ブログ、当社での修理事例・車の豆知識をご紹介します



カテゴリ
カレンダー
前月の記事一覧 2018年 12月 次月の記事一覧
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

新着投稿記事
月別アーカイブ
blog_arrow_left  前の記事 次の記事  blog_arrow_right
エスクァイアー 板金塗装修理事例
DSCN3809

 

今回はエスクァイアーの修理事例になります。

DSCN3810

 

左バンパー角にキズが入っています。
この辺りは良く擦ってしまう箇所です。
バンパーとスポイラーが一体化されたようなバンパーは 、どうしてもバンパーの下回りや
今回のような角を擦ってしまいます。

 

DSCN3812

 

左スライドドアのマッドガードも今回修理します。

 

DSCN3894

 

赤丸部分がスライドドアのマッドガードです。

 

DSCN3918

 

キズをキレイにサンディングし、これからサフを塗布します。
キズはできるかぎり、サンディングマシンで深く削り、
表面にキズが残らないようにします。
理由としては、後にヤセ(萎み現象)によってキズ後が出てくるのを防ぐために
最初からキズを削り落としてしまえば、そのようなことがなくなるので、
整興モーターでは極力、キズを削ってしまいます。

DSCN3920

 

 

DSCN3921

 

サフを塗布しました。

 

DSCN3922

 

 

DSCN3940

 

下地が終わりこれから 塗装へと移っていきます。
建築でもそうだと思いましが、全ては下地が一番大事な部分です。
ただこの下地部分は目に見えるところではないため、手抜き工事が多く、
後に建物が傾いたりしてしまうわけです。
そこで整興モーターは写真を多く撮り、ビフォー・アフターだけでなく、
作業工程をブログで公開し、お客様の判断基準にしていただければと思う次第です。

DSCN3941

 

 

DSCN3944

 

DSCN3946

 

塗装が終わりました。

DSCN4002

 

 

DSCN4003

 

DSCN4006

 

税込み修理金額 32.400




◆この記事にコメントする

お名前
コメント
  • ※注意事項
  • 投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
  • コメントは認証後に表示されます。
  • コメントにURLは入力できません。
ページの先頭へ