修理事例ブログ、当社での修理事例・車の豆知識をご紹介します



カテゴリ
カレンダー
前月の記事一覧 2018年 12月 次月の記事一覧
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

新着投稿記事
月別アーカイブ
blog_arrow_left  前の記事 次の記事  blog_arrow_right
BMW 保険修理事例
DSCN4019

 

今回はBMWの保険修理事例をご紹介します。

ちょっと痛々しい感じになってしまった、BMWをキレイに仕上げたいと思います。

 

DSCN4020

 

今回の交換部品はフェンダー、ライト、バンパーが主な取替パーツになります。

 

DSCN4021

 

バンパー、フェンダーをかすめたようなぶつかり方ですが、
バンパーは柔らかい材質でできているため、元に戻ってしまいます。
部品を外してみると、見た目以上に 奥まで押されていることがあります。
外見だけで判断せずに見積もりを算出しませんと、作業着工後再見積もりすることになり
お客様に迷惑をかけてしまう可能性があるので気をつけなければいけません。

 

DSCN4023

 

フェンダーも歪みができてしまってます。

 

DSCN4188

 

バンパーやライトを外しますと、それらを取り付けるための骨格が分かると思います。

 

DSCN4190

 

赤丸部位はブラケットとサイドメンバーという骨格になります

 

DSCN4325

 

バンパーは単品で塗装します。

 

 

DSCN4327

 

 

DSCN4328

 

新品の部品は塗装が施されておりません。
部品の塗装は各工場で塗装します。
塗装の良否は仕事に費やす時間と調色技術、塗装環境、塗料性能や品質で決まります。

となりますと、塗装環境はスプレーブースを使うことで解決します。
調色技術は長い年月をかけて習得する技術のため、そこが各工場の差と言えると思います。
納車後しばらくすると、色が変わってしまったということを聞きますが、そいう場合は
色がすでにくすんでしまって、時間の経過で濁ってしまったということになります。
また塗料の性能や品質の違いは、高い塗料ほど性能が高く、安い塗料ほど性能は落ちます。
激安店での材料は当然高価な材料は使用できません。
耐久性の低い材料を使うしかないのは当たり前のことでありますし、
薄利多売を手段としているため、丁寧な仕事より時間で仕事をするため、
やっつけ仕事になってしまいます。

 

DSCN4341

 

DSCN4345

 

塗装が終わりました。

 

DSCN4433

 

DSCN4434

 

交換した部品を並べて写真を撮ります。
保険仕事は交換したどうかの判断は、最後に交換部品を並べて 写真を撮ることで
完結します。

DSCN4485

 

税込み修理金額 553.000円




◆この記事にコメントする

お名前
コメント
  • ※注意事項
  • 投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
  • コメントは認証後に表示されます。
  • コメントにURLは入力できません。
ページの先頭へ