修理事例ブログ、当社での修理事例・車の豆知識をご紹介します



カテゴリ
カレンダー
前月の記事一覧 2018年 12月 次月の記事一覧
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

新着投稿記事
月別アーカイブ
blog_arrow_left  前の記事
マーク2 バンパー修理 塗装
CIMG5180

 

今回はマーク2のバンパー修理事例になります。
と言いましても、これほどバンパーに凹みができてしまったら、
通常は交換です。

 

 

CIMG5181

 

古いボールの空気が抜けたくらいの感じに凹んでおります。

 

CIMG5183

 

下の箇所にもキズや歪みがありますので、ここも一緒に修理します。

CIMG5184

 

まずバンパーを外して修理の一歩を踏み出します。

 

CIMG5185

 

なかなかキレイにバンパーが整形されているのがわかると思います。

実際その場で見ているとバンパーを裏から押し出して整形しますが、
工業用ドライヤーで炙りながらバンパーを柔らかくし、裏から押し出したり
また逆に霧吹きで冷ましたりしながら上手に仕上げていきます。

傍から見てますと簡単そうで楽しそうに見えますが、
これが結構難しくかなりの技術を必要とします。

CIMG5186

 

薄くパテを盛りつけ仕上げれば、次は塗装へと移って行きます。

 

CIMG5190

 

 

CIMG5191

 

サフを塗布しました。

これは毎回のことで、必ず下地処理剤のサフは塗布します

CIMG5199

 

サフのサンディングが終わりこれから塗装へと移って行きます。

 

 

 

CIMG5217

 

 

CIMG5218

 

塗装が終わりました

 

CIMG5237

 

取り付けをし完成検査で作業終了になります。

 

CIMG5238

 

バンパー修理塗装はこれから増えることと思います。
と言いますのは、バンパーの高騰で値段が70.000円くらいするのも多く
修理できる工場で修理したほうがメリットあるからです。

税込み金額37.590円




◆この記事にコメントする

お名前
コメント
  • ※注意事項
  • 投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
  • コメントは認証後に表示されます。
  • コメントにURLは入力できません。
ページの先頭へ