修理事例ブログ、当社での修理事例・車の豆知識をご紹介します



カテゴリ
カレンダー
前月の記事一覧 2019年 8月 次月の記事一覧
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着投稿記事
月別アーカイブ
blog_arrow_left  前の記事 次の記事  blog_arrow_right
レストア ヒストリー vol.7
P1060314

 

以前にドアの裏まで塗装を施したドアを、ボディに取り付け一度サフェを塗布した後のドアに、もう一度パテで修正を加えながら、ボディに対してキレイなラインを作り、厚くサフェを塗布しました

こうすることで判りずらい微妙なラインなどが良く区別でき、細かなところまでキレイに仕上げることができるんです。

 

P1060340

 

P1060342

 

P1060343

 

サフェも二液型の硬化剤を入れて、完全硬化させるタイプのサフェを塗布します。

サフェには二液型と一液型の二種類があり、作業性に優れているのは一液型ですが、硬化というよりも乾燥後に研磨作業へと移行できるメリットがありますが、やはり塗膜の弱さは否めないところがあります。整興モーターは全てのクルマに二液型のサフェを塗布してます。二液型の方が完全硬化タイプのため、塗装痩せを防ぎシール効果があるのが、一番のメリットであります。今後長く愛車を乗って頂くことを考えますと二液型のサフェは必須であると考えます。

 

 




◆この記事にコメントする

お名前
コメント
  • ※注意事項
  • 投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
  • コメントは認証後に表示されます。
  • コメントにURLは入力できません。
ページの先頭へ