修理事例ブログ、当社での修理事例・車の豆知識をご紹介します

blog_arrow_left  前の記事 次の記事  blog_arrow_right
ココア 板金塗装 保険修理事例
DSCN0419

 

今回はダイハツ ココアの修理事例をご紹介します。
最近のクルマは女性をターゲットにクルマを作っているようで、
色もパステル調のカラーだったり、形状も丸みを帯びた形で、
女性受けするように考えて作られています。
男性の求めるクルマは、スペック重視でクルマを選びますので、
女性が選ぶクルマとは、好みの違いがはっきりしております。

 

DSCN0420

 

DSCN0421

 

フェンダーとドアが強く押されているのが分かると思います。

 

 

DSCN0422

 

ドアヒンジまで歪みが生じているくらい、ドアが押されてます。

 

 

DSCN0423

 

 

 

DSCN0424DSCN0424

 

白丸にキズ入っております。

今回は保険案件ですので、交換します。

 

DSCN0425DSCN0425

 

白丸のところまで、キズが入ってしまいました。

 

DSCN0427

 

ホイールキャップにもキズが入っております。

 

DSCN0428

 

 

 

 

DSCN0429

 

写真では分かり難いですが、アウターハンドルにもキズが入ってしまいました。

DSCN0583

 

バンパーの左角にもキズがありましたので、修正塗装します。

DSCN0584

 

 

新品のフェンダーです。

DSCN0585

 

 

ドアも新品ですが、フェンダーもドアも新品部品には、
塗装が施されてないのが、分かると思います。
新品部品は各工場で塗装します。

 

 

DSCN0586

 

 

後のドアを塗装します。
ドア以外は全てマスキングします。

DSCN0591

 

 

DSCN0592

 

DSCN0593

 

 

DSCN0594

 

 

塗装が全て終わりました。

DSCN0621

 

磨きの最終段階は、オーロラマーク(磨きの際に生じるユラユラとした磨きムラ)を
消すために、イタリア製ルペスのダブルアクションポリッシャーを使います。
回転速度も調整でき、最適な速度と、電動工具の強いトルクで、
しっかりと磨きこみをします。

 

 

DSCN0626

 

 

 

DSCN0750

磨いた光沢が、写真からでもわかると思います。
このルペスで新車を磨くと、ものすごく光沢がでます。

DSCN0753

 

 

DSCN0754

 

 

DSCN0756

 

税込み修理金額 251.575円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




◆この記事にコメントする

お名前
コメント
  • ※注意事項
  • 投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
  • コメントは認証後に表示されます。
  • コメントにURLは入力できません。
ページの先頭へ