修理事例ブログ、当社での修理事例・車の豆知識をご紹介します

blog_arrow_left  前の記事 次の記事  blog_arrow_right
ボクシー イタズラキズ 修理事例
DSCN1224

 

今回はボクシーのイタズラキズの修理事例をご紹介します。

 

DSCN1225

 

キズをサンディングマシンで削ったところの写真になります。

 

DSCN1227

 

サフを塗布しました。

 

DSCN1234

 

マッドガード(ドアに付く幅広のモール)やベルトモール(ドアガラスに付いた雨水を切る水切りモール)、アウターハンドルも外し塗装します。
DSCN1291

 

塗装が終わり、ベルトモールやマッドガード の交換部品と一緒に写真を撮ります。
今回は保険案件ということもあり、こういうところの写真も撮っています。

 

DSCN1295

 

マッドガードも交換しました。

このマッドガードはクリップによる取り付けのため、
クリップをドアから剥がすことで、クリップ若しくは、
マッドガードが壊れてしまいます。
自費修理となりますと、マッドガードは外さず、
塗装すること多いいです。

 

DSCN1300

 

 

DSCN1350

 

 

DSCN1351

 

キレイに仕上げることができました。

何故かこういう黒や濃い色のクルマほど、イタズラされやすいように思います。
特に路上駐車でキズにされることが多く
ちょこっとしたキズでも86.000円もかかってしまうので、
駐車するときは、十分に気をつけてキズにされないような場所を選びたい

税込み修理金額 85.900円

 

 




◆この記事にコメントする

お名前
コメント
  • ※注意事項
  • 投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
  • コメントは認証後に表示されます。
  • コメントにURLは入力できません。
ページの先頭へ