修理事例ブログ、当社での修理事例・車の豆知識をご紹介します

blog_arrow_left  前の記事 次の記事  blog_arrow_right
BMW 板金塗装 修理事例
DSCN2846

 

今回はBMWのフロントバンパーと、左クォーターパネとステップカバーの修理事例を
ご紹介します。

DSCN2847

 

写真にマークされたところがバンパーの修理箇所になります。

 

DSCN2848

 

少しのキズだからといって放置してしまうと、クルマへの愛着が薄れ、
クルマがどんどん痛んでいきます。
やはり今回のように、少しでもキズやヘコミができてしまったら、
早めの措置が宜しいかと思います。

 

DSCN2849

 

今回はご提案もさせて頂きました。

お客様と相談した結果、黄色い矢印部はタッチペンで処理することになりました。
そのほうが小さなキズだけのために、ドア一枚クリヤー塗装しますと、各工場で料金は違いますが、5万円近い金額になってしまいます。
その点を考えますと、今回はタッチペンでいくことになりました。

 

DSCN2887

 

まずステップカバーを外し、クォーターパネルを板金します。

 

 

DSCN2888

 

ステップカバーを外してみると、今回の修理箇所以外に、カバーの
下部にもキズがありましたので、そこも序でに修理します。

DSCN2893

 

DSCN2894

 

DSCN2895

 

 

DSCN2896

 

 

DSCN2897

 

 

DSCN2898

 

 

DSCN2899

 

サフを塗布しました。

 

DSCN2901

 

DSCN2902

上の写真はカバーの下部にもサフを塗布したところの写真になります。

 

DSCN2911

 

サフのサンディングが終わり、マスキング作業も終わりました。

これから塗装へと移って行きます。

 

DSCN2912

 

 

DSCN2913

 

 

DSCN2914

 

DSCN2915

 

 

DSCN2916

 

 

DSCN2918

 

とても艶が良く塗装できました

こういう濃色車は、下地に対し非常に神経を注ぎますが、
塗装した時の艶といい、色の発色などもとてもよく、ペインターとして
とても気持ちの良いものです。

 

DSCN2919

 

 

DSCN2964

 

磨き担当の阿久津君が、今日もお客様クルマ丁寧に磨いております。
使っているマシンはイタリア製のルペスになります。

DSCN2969

 

 

DSCN2970

税込み修理金額 73.440円

 

 

DSCN2971

 

 

DSCN2972

 

 

DSCN2974

 

最後に矢印部にタッチペンをして完成です。

クルマは大切に乗れば、特にオイルをマメに交換すれば、
20万キロくらい、何の問題なく乗れます。
因みにタクシーは40万キロくらい乗って廃車になるそうです。

 

 

 




◆この記事にコメントする

お名前
コメント
  • ※注意事項
  • 投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
  • コメントは認証後に表示されます。
  • コメントにURLは入力できません。
ページの先頭へ