修理事例ブログ、当社での修理事例・車の豆知識をご紹介します

blog_arrow_left  前の記事 次の記事  blog_arrow_right
マークXジオ 修理事例
011

013

結構な感じでダメージがありますね

バックドアは普通は交換です

デーラーでは勿論交換です

新品パーツは色は塗ってないし

ガラスも当然付いてきません

それに交換すると

交換工賃が25、000円くらいかかってしまいます

部品代が35、000円くらいかかりますので

バックドアを交換しますと

バックドアの交換だけで、塗装も入れて

120、000円くらいになってしまいます

001

さあ

リヤバンパーを外して

バックドアの付属品もはずして

鈑金をしやすいところまで

部品を外しました

当然ここまでの作業には、バックドアの交換以外の作業も

含まれてますよ

003

今回の作業には、リヤバンパーも修理に含まれています

バンパーはかなりのダメージでも

修理できますよ

004

021

009

塗装を施し完成しました

作業内容は

バックドアの鈑金

バックドアの付属品の脱着

リヤバンパー脱着

リヤスポイラーをバンパーから脱着

バックドアとバンパーーの塗装

以上です

こういうケースほど

鈑金できるか交換になってしまうかで

大きく修理金額が変わってしまいますよね

マークXクラスのクルマに乗られているお客様だから

しっかり修理したほうがいいとかでなく

どんなクルマであろうとも

手を抜くような作業であってはいけないと思います

安い修理を売りにするところは

材料を極力安いものを使い

手間も出来るだけ省くという

徹底したコスト削減をしている

 

それで、安いからいい仕上がりを

求めるのは無理であります

そして

安い材料は、すぐに塗膜が剥がれを生じ

また手を抜くから余計短期に剥がれを生じてしまうんです

その剥がれてしまったクルマを

整興モーターへ持って来て

何とかならないかと言われても

もう手遅れなんです

剥がれている塗料の上に塗装を施すことは

無理なんです

ですから

鈑金塗装する前の段階まで

塗膜をはがしてやらなければならない作業が入るため

結局鉄板まで剥離作業を施すことになってしまうんです

 

こうなると

安売り鈑金屋にお金を払ったところも

全てやり直しになってしまうため

前回の修理金額どころの修理金額ではなくなってしまいます

クレームとして、効けば

再度業者に再修理を依頼すればいいのですが

なかなか

そうはいかないのが

現状のようです

 

結局は、長年この業界にいると

どうしても安く修理をしたい

お客様も当然いるわけです

しかしそのお客様に

このコストで修理すると

いずれこんな感じに

なるかもしれませんよ

それでもいいんですか?

などの安い理由、内訳を説明し

それで納得していただけるのであれば

それはそれで宜しいかと思いますが

ろくに修理に関する作業説明もせず

修理後どう変化していくのかの説明もおろそかに

しているようなところでは

クレームはどうかなど、聞くほうがヤボってことかもしれません

おなじ業者でも、色々な業者がいます

ネットを通して

整興モーターは

多くのお客様から高い評価を

頂いておりますが

この先もお客様を裏切ることの無い

仕上がりを求め

歩んでいきたく思っています

修理金額税込み 114、145円

 

 

 

 




◆この記事にコメントする

お名前
コメント
  • ※注意事項
  • 投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
  • コメントは認証後に表示されます。
  • コメントにURLは入力できません。
ページの先頭へ