修理事例ブログ、当社での修理事例・車の豆知識をご紹介します

blog_arrow_left  前の記事 次の記事  blog_arrow_right
ムーヴ クォーターパネル 板金塗装修理事例
 

 

001

今回の板金塗装は、左クォーターパネル

かなり強く、しかも一点に集中した感じで、クォーターパネルの変形度合いが

写真からでも良くわかります

002

 

 

 

016

こういうケースの場合は

板金に時間をかけ、丁寧に仕上げていかないと最終的に仕上がりに差がでてしまうので

バンパーを外したり、取り付けたりを繰り返しながら、何度もパネルとバンパーの隙間や形を合わせて

特別丁寧かつ慎重に板金作業をしていきます。

この辺りの板金作業は、熟練した職人による腕の差がでてしまうところでもあります

あと後ろからの波及によって、ドアとクォーターの隙間が均一ではなく、隙間が狭くなっているので

こういう部分も、荒出しの引き作業の際に、隙間をまず確保してからの仕上げ板金に移っていきますが

隙間に気を配りながらの引き作業は、逆に引き出しすぎにも注意しながらの作業で

経験と勘がものをいうところでもあります

 

009

 

001

010

011

010

009

008

 

今回の修理ではお客様がテールランプを、ご自身で購入されて、部品を持ち込みの形での修理です

こういうケースもちょくちょくあります

また大きな部品などは、直接弊社の方へ宅急便の配送をしてもらうなどの方法で

部品代を浮かすなどで、賢く修理されるお客様もいらっしゃいます

 

お客様がデーラーに持ち込んで見積もりを取りましたところ

修理金額が20万円を超えてしまい

弊社への板金修理という運びになりました

あれだけの損傷ですと、やはり通常は交換になってしまいます

交換するのと板金で修理するのとでは、金額に開きが出てしまいます

もし車両保険にも加入してなかったら

あなたなら、デーラーを選びますか?

 

今回の修理代金税込み 121、000円

 




◆この記事にコメントする

お名前
コメント
  • ※注意事項
  • 投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
  • コメントは認証後に表示されます。
  • コメントにURLは入力できません。
ページの先頭へ