修理事例ブログ、当社での修理事例・車の豆知識をご紹介します

blog_arrow_left  前の記事 次の記事  blog_arrow_right
アリオン バックパネル リヤバンパー 修理事例
IMG_5801

 

今回はアリオンの修理事例になります。
リヤバンパーとバックパネルの鈑金塗装です。

 

IMG_5802

 

ぶつかった勢いで反射板も割れてしまいました。

IMG_5803

 

バンパー反対の左側も、写真では見づらいと思いますが、歪みを生じております。

 

IMG_5804

 

バンパーを外したところの写真になります。
バンパーを外しますと、こんな感じのパネルが溶接によって取り付いております
このパネルをバックパネルとかロワーバックパネルと言い、骨格の一部分を担っております
ここにバンパーが被さりますが、軽量化とはいえ最近のクルマは
とてもシンプルな作りになっているのが、分かると思います。

 

IMG_5811

 

テールランプも割れてしまっているのが 、分かると思いますが、
テールランプの値段は21.300円になります
リヤバンパーは46.600円
リフレクター(反射板)1.210円になります。

赤色斜め斜線はパネルとの隙間が開いていたため
シーリング材で、雨漏り防止を施しました。

 

IMG_5848

 

 

IMG_5849

 

 

IMG_5850

 

鈑金が終わりました。

 

IMG_5852

 

サフを塗布しこれから塗装をします

 

IMG_5853

 

 

IMG_5875

 

完成しました。

整興モーターは保険の案件も修理させて頂いております。
今回もその保険案件ですが、もし自費修理でしたら、バンパーの金額46.600円
ですから、バンパーを交換でなく修理しても、お客様にメリットがあるように思います。

最近は、鈑金に特化した形で、ブログにもかなり力を入れておりますが
やはり修理金額が高額になるところとしては、部品が高過ぎることによることが
大きいと思います。
案外と修理工賃は昔とさほど変わらず、部品代金ばかりが高騰しているため
全体の修理代金を押し上げているわけです。
そこで、いかに修理代金を抑えるかがポイントになります。
結局、修理代金を抑えるには、鈑金できるものは鈑金で修理し
部品代金を抑えることで、全体の修理代金を抑える効果があるわけです。
整興モーターも意地で、鈑金しているわけでもなく、交換の方が安ければ
そちらのほうを、ご提案させていただきます。
交換のほうが楽ですし、苦労もありませんから、しかし時代は景気の良い話など
ありませんので、少しでも修理代金を抑えたいという気持ちは、当然のことです。
クルマの修理をしたいが、デーラーに持っていけば、高額見積もりになるのは必至
できれば安く修理したいが、安かろう悪かろうでは困る
クオリティも良く、修理金額も安く、修理してくれるところを探さざるをえない
ということになるわけであります。

ネットを通して新たなるご縁をお待ち致しております。

整興モーターに任せて下さい。

 

税込み修理金額 128.995円
 

 

 




◆この記事にコメントする

お名前
コメント
  • ※注意事項
  • 投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
  • コメントは認証後に表示されます。
  • コメントにURLは入力できません。
ページの先頭へ