修理事例ブログ、当社での修理事例・車の豆知識をご紹介します

blog_arrow_left  前の記事 次の記事  blog_arrow_right
スカイライン 保険修理事例
DSCN1577

 

今回はスカイラインの修理事例をご紹介します。

 

DSCN1578

 

バンパーに飛び石キズが付いております。
ここもついでに塗装します。

 

DSCN1579

 

フロントバンパーサイドに広くキズが入ってるのが分かると思います。
ぶつけられたキズになります。
相手の保険で前のバンパーを修理します。

最近の乗用車のバンパーはエアロタイプのものが多く、バンパーもかなり大型化しており
その分価格も高くなってきています。
バンパーも交換せず修理する方向になっております。

 

DSCN1580

 

リヤ廻りにもキズがあります。

DSCN1581

白丸で囲んだ箇所に、キズが入っております。
お客様はクルマを大切に乗っておりまして、弊社にしましても
最大限の努力をさせて頂いております。

 

DSCN1582

 

 

DSCN1583

光が反射して見づらくなってしまいました。

 

DSCN1585

 

トランクにも細かなキズが入っております。
イタズラキズの修理です。
リヤはご自身の保険で修理します。

 

DSCN1586

センターエンブレムを挟んで左右にキズが入っております。
これでは愛車を大切に乗られているお客様にとっては、
痛々しく思えることと思います。

DSCN1588

 

リヤバンパーにもキズが入っておりますが、白色のクルマはキズやヘコミが
写真で確認しずらいところがあります。

DSCN1595

 

まずフロントバンパーを外して、修理にとりかかります。

バンパーを外してみると、大きなホースメントと言うバンパーを支える部品が、
左右ライトの間に取り付けられているのが分かると思います。
高級車になりますと軽量化目的に、材質はアルミでできております。

DSCN1596

赤丸で囲んだ部品がホースメントになり、その上に発砲スチロールのカバー
(エネルギーアブソーバー)がついております。

DSCN1597

バンパーのキズをサンディングしました

DSCN1598

 

DSCN1600

 

上の写真はトランクパネルのキズをサンディングしたところになります。
DSCN1604

サフを塗布しました

DSCN1605

 

DSCN1606

 

バンパーにも塗布しました。

DSCN1607

 

これからトランクを塗装していきます。
スポイラーが外れているのが分かると思います。
出来る限り外せる部品は外して塗装します。

DSCN1609

 

DSCN1610

 

トランクを塗装しました。
艶も申し分なく仕上がりました。

DSCN1631

 

DSCN1632

 

フロントバンパーも1本塗装します。
左右ともキズがありますと、今回のように保険案件ですと1本塗装します。

DSCN1633

 

DSCN1634

 

 

申し訳ありません。
バンパー前後の塗装後の写真を撮り忘れてしまいました。

 

 

DSCN1667

 

DSCN1668

 

前のバンパーを取り付けました。

こういう大型バンパーを取り付ける際は、左右を一人ずつ持ち、
二人で取付します。

DSCN1670

 

DSCN1671

 

リヤバンパーも取り付け完了し、テールランプ交換しました。

DSCN1673

 

今回の修理金額  前の金額66.892円 後の金額201.401円

 

 




◆この記事にコメントする

お名前
コメント
  • ※注意事項
  • 投稿される際はJavaScriptをオンにしてください。
  • コメントは認証後に表示されます。
  • コメントにURLは入力できません。
ページの先頭へ